ホーム > 2017本場アーユルヴェーダを体験する癒しのリトリート, お知らせ, イベント, ブログ > 本場のアーユルヴェーダを体験する癒しのひとときinヴァルカラ

本場のアーユルヴェーダを体験する癒しのひとときinヴァルカラ

毎年企画させていただいている

本場のアーユルヴェーダを体験する癒しのリトリート

南インドを満喫する体験型リトリート

今年はなんとなんと両方一度に参加できるように日程を設定いたしました!

本場のアーユルヴェーダを体験する癒しのひとときinヴァルカラ 11月11日〜18日(8日間)

南インドを満喫する体験型リトリート 11月18日〜23日(6日間)

どちらも4名様限定とさせていただきますので早いもの勝ちです!!

こちらのリトリートは旅行会社で行く一般的なツアーと違って、インドのお家にホームステイするようなアットホームな環境で少人数だからこそ体験できるような内容となっています。

今まで開催していた「本場のアーユルヴェーダを満喫するリトリート」

今年はホテル滞在ではなく

少人数(4名限定)で食事もしっかり管理していただく

今まで以上に本格的なアーユルヴェーダをお受けいただけることとなりました!

まずはドクターとカウンセリングを行っていきます

朝のヨガクラス

私がサポートに入りますのでヨガが初めての方、英語に自信がない方でも大丈夫です!

 

ケララ州はインドの中で1番ご飯が美味しい州と言われています。

フルーツたっぷりのヘルシーブレックファーストを中心にドクターと相談して

体に優しいアーユルヴェーダ食を提供させていただきます。

こちらのコースはアーユルヴェーダ中心のリトリートとなります。

どんなメニューをするのかはドクターとのカウンセリングのもとドクターが決定します。

1日に1回の施術の方もいれば1日に2回、3回とクリニックに通う方もいらっしゃいます。

クリニックに行かない時間はお庭でゆっくりしたり、ビーチをお散歩したり、時間がたっぷりある時はシクシャーに乗ってお買い物出かけたりしましょう。

 

滞在先はとっても素敵な空間です

手作りのツリーハウスで風を感じながらゆっくりできます

通りからお家の庭に入ると一気に癒しの空間です。

思わずただいま〜って声に出てしまいます

お庭でくつろぐところがたくさんあるのでお部屋にいるのは寝る時だけかも、、、

私はいつもこの空間にいるとご飯も作ってくれるし、洗濯もしてくれるし

ただただご飯食べてゴロゴロしてとっても贅沢な時間を過ごしています。

ぜひこの時間をみなさまにも体験していただきたいです!

日本にいながらの浄化は満員電車は添加物が入ったご飯、テレビや携帯などとても誘惑が多く集中して行うことが難しいです。

人も気候も穏やかな地でのんびりしながらこころも体もクリーンにしていきましょう

お部屋から徒歩10分程でビーチに出られます。

ゆっくりお散歩などいかがですか?

 

開催日

2017年11月11日(土)〜18日(木)

集合: 2017年11月11日(土)現地空港までドライバーがお迎えにあがります

今年は私も同じ日に行きますので関空からご参加の方は一緒に行きましょう!他の空港から参加される方はシンガポールで合流しましょう!

解散: 2017年11月18日(土)現地空港までドライバーが送らせていただきます

募集人数

4名(お部屋は2名の相部屋となります)

現在お問い合わせが集中しておりいます。ご希望の方はお早めにご一報ください

リトリート代金

¥270,000(インドを満喫する体験型リトリートと合わせてご参加の場合割引があります)

参加費に含まれるもの

空港送迎、宿泊代、ドクターとのカウンセリング、7日間の治療代、毎朝のヨガ(クリニックの都合によりお休みの日もあります)朝食7日、夕食6日

参加費に含まれないもの

トリヴァンドラム空港までの渡航費、海外保険料、インドビザ発行にかかる費用、上記以外の食事(外食)、個人でのアクティビティやお出かけの際のリクシャー代金、チップ、ショッピングにかかる費用

お申し込み・お問い合わせ

infosantih@gmail.com

件名:インドリトリート

本文:

①お名前

②ご住所

③携帯電話番号

④年齢

⑤性別

⑥ご希望のコース

A)本場のアーユルヴェーダを体験する癒しのリトリート11月11日〜18日(8日間)

B)南インドを満喫する極上リトリートは11月18日〜23日(6日間)

C)AとB両方参加

でのお申し込みを受け付けております。

お問い合わせおまちしております

☆パソコンからのメールを受信制限をされているお客様はinfosantih@gmail.comよりメールが受信出来るように設定をお願いたします。

ページの先頭へ戻る